1/2メモ (マスタリングについて思うこと)

1/2メモ (マスタリングについて思うこと)

あけましておめでとうございます。
おかげさまで今年もフリーランスのビートメイカーとして新年を迎えられました。
本年もどうぞよろしくお願いいたします!

マスタリングについて思うこと

歌ってみた界隈、MIX師はいてもマスタリング師がほとんどいないの、単にみんなマスタリングの重要性をわかってないだけな気がしてる。

でもでも、曲を聞いたときの「カッコイイ」とか「エモい」などの感情って、実はマスタリングと密接に関係してるんだよね。

単にハイ持ち上げて派手にするだけなら誰にでもできるわけで、そうじゃなくて、EQの代わりにエキサイターを使うとか、EQを使うにしてもエレガントにブーストできるEQを使ったり、あるいはその後にDeEsserかますとか。そういう機材の(組み合わせの)知識を知ってるか知ってないかって、特に打ち込み系の音楽を作るときにはめちゃくちゃ大事だなって思います。

よかったらマスタリング指南書もあわせて読んでみてください。

ミックスに正解はないけれど、マスタリングは限りなく正解に近い何かがあるとも思います。

今日のトラックメイク

いい感じのビートができそうなので、途中だけど某ラッパーに聞いてもらったら、是非使いたいとのこと。急いで仕上げます。
あとは依頼のミックスでした。

最近新しいPluginをいくつか導入したのでまた書いてみます。