好きなエフェクトプラグインを10個まとめてレンタルできる「PickPack」サービスがヤバい!

好きなエフェクトプラグインを10個まとめてレンタルできる「PickPack」サービスがヤバい!

こんにちは。トラックメイカーのPIANO FLAVAです。

今回は、Plugin Allianceが最近はじめたサービス「PickPack」を紹介してみたいと思います。

Plugin Allianceとは?

ドイツのプラグインメーカーBrainworxが、自社のプラグインや他のメーカーのプラグインを、ひとつのサイトで買えるようにしたサイトです。

Avidのブログによると、ソフトウェアならではのM/Sプラグインを開発していたBrainworxが、SPLやelysiaなどのハードウェアをソフトウェア化することになり、各々のメーカーのサイトで販売開始したものの不便だったので、認証のやり方などを統一して誕生したのがPlugin Allianceらしいです。

もちろん、Brainworxがプラグイン化に関与していない、Lindell Audio PEX-500(ソフトウェア開発はLSR Audio)などの製品も売っています。

PickPackとは?

月額29ドルで、Plugin Allianceのほぼ全製品から10個を選んで使えるようになるサービスです。しかも29ヶ月間継続して払えば、選んだ10個のプラグインが完全に自分のものになります!

もちろん、途中で解約することも可能(ペナルティ無し!)ですが、その場合は、プラグインを永続的に使えるようになるための権利を失います。

ちなみに、29ヶ月間すべて支払った場合は、841ドル、日本円で約9万円です。

PickPack – Plugin Alliance
https://www.plugin-alliance.com/en/pick-pack.html

個人的にオススメのPAプラグイン

Vertigo VSM-3


https://www.plugin-alliance.com/en/products/vertigo_vsm-3.html

これがホントよくできてます。倍音を付加するタイプのサチュレーターなのですが、うまく通してやると打ち込みくささを解消できます。

個人的に、これまでミックス・マスタリングした曲を全部やり直したいレベルですね。

bx_console E


https://www.plugin-alliance.com/en/products/bx_console_e.html

Solid State Logicのミキシング・コンソール「SSL 4000 Eシリーズ」をモデリングしたプラグイン。

ぶっちゃけトラック単体できくと、アレ?て感じのEQ、コンプの質感なのですが、全部これでミックスするとなぜかいい感じになります。

Lindell Audio 6X-500


https://www.plugin-alliance.com/en/products/lindell_6x-500.html

この前の9ドルセールで買った方も多いと思いますが、これもすばらしい出来ですね。とくにプリアンプ部がいいです。

まとめ

すでにPAの製品をいくつか持ってる方よりも、新しく導入を考えている方にオススメのサービスだと思います。
最初の選んだ10個は、一度決めると変えられないので、くれぐれも慎重に!笑

ちなみにPickPackの認証ですが、自分の環境だといつもの感じではうまくいかなくて、サイトで10プラグイン個別にアクティベートした後、DAW側でPAプラグインを立ち上げて「Activate my all licenses」にチェックを入れて実行してやるとできました。

他にも、Vertigo VSC-2やelysia mpressorなどを導入したので、後ほどブログに書いてみたいと思います。

それではまた!

Plugin Alliance公式サイト
https://www.plugin-alliance.com/