ヒップホップのビートメイクのコツ2:スネアの音色にこだわれ!

ヒップホップのビートメイクのコツ2:スネアの音色にこだわれ!

こんにちは。トラックメイカーのPIANO FLAVAです。
今回は、ヒップホップのビートメイクで大事なドラム音色、特にスネアの音色選びについて書いてみたいと思います。

前回→ヒップホップのビートメイクのコツ1:ウワネタをループさせよ

1. オールドスクールなビート

オールドスクールなビートの場合、スネアは派手な音色がオススメです。

例えばこんなループにスネアを足す場合。

古典的なビート(スネアなし)

普通のスネアだと

失敗?

となり、少し地味な印象です(ラップが入るとこれでも全然いけそうですが)。

なので、スネアの音量を少し下げて、派手な音をスネアに重ねてみます。

派手な音を重ねる

いい感じになりました。

ちなみにウワネタと一緒に鳴らすと

ウワネタと一緒に

のような感じです。

2. トラップのビート

トラップの場合は、派手な音色よりちょっと地味な感じの音色がオススメです。

例えばこんなループがあるとします。

トラップのビート(スネアなし)

この場合、派手な音だと

失敗?

のように微妙にダサくなってしまうので、

レイヤーされたスネア

のような明るいスネアでいくか

ドラムマシンぽいクラップ

のような808系のクラップでいくのがいいと思います。

まとめ

いかがだったでしょうか!

基本的には曲調やウワネタにあわせて、派手なスネアと地味なスネアを使い分けていくのがいいと思います。

発展系として、例えば2、3種類のスネアを使う、2拍目と4拍目で違うスネアを鳴らす、などがありますよ。

では次回もお楽しみに~