トラップのビートを組んでみよう!(ドラム編)

トラップのビートを組んでみよう!(ドラム編)

こんにちは。トラックメイカーのPIANO FLAVAです。

突然ですが「トラップのビートを組んでみよう!」と題して、今日から何回かに分けて、トラップの曲を一曲作ってみたいと思います。今回はドラム編です。

それではどうぞ!

1. キックとスネアをリアルタイムで入力する

マウス打ち込みでもいいのですが、ヒップホップはグリッドジャストだとグルーブが出ない音楽なので、パッドやMIDIキーボードでリアルタイム演奏で打ち込むのがいいと思います。

BPMは170(85)にしてみました。

キックとスネア

2. 1拍目のキックを別の音色に替える

続いて、小節頭のキックを、リリースの長い音色に変えてみます。

2種類のキックを使う

3. ハイハットをマウスで入力する

最後に、ハイハットを打ち込みましょう。これはグリッドジャストのほうが雰囲気が出るのでマウスで打ち込んでいきます。

基本は8分なんですけど、ところどころ16分や32分、16分の3連などで連打させるのがポイントですね。

ハイハットを入れる

これで基本パターンは完成です。

リバーブを追加しクラッシュシンバルを入れるとこんな感じですね。

ドラムパターン完成

今回はキックだけ2種類のものを使いましたが、ピッチが違う2種類以上のスネアやハットを使うのもオススメです。

次はトラップのウワモノを作ってみたいと思います。PIANO FLAVAでした!