ピアノ系トラックの作りかた

ピアノ系トラックの作りかた

こんにちは!トラックメイカーのPIANO FLAVAです。

今回は、私も得意としている、アコースティックピアノの音色がメインのループを作ってみたいと思います。それではどうぞ!

MIDIキーボードを弾いてみる

例えば、98bpmでこんなフレーズを弾いてみます。

長すぎるフレーズよりも、2小節または4小節で一区切りになるようなフレーズがいいと思います(今回は4小節ループ)。

MIDIキーボードを弾いてみる

音源は、今月もブログで紹介したNIのThe Grandeurです。

【Komplete】おすすめのピアノ音色セッティング【The Grandeur】
http://piano-flava.com/2018/06/02/post-1565/

フレーズをオーディオに書き出す

次に、このMIDIをオーディオに変換します。Cubaseの場合はインプレイスレンダリング機能が便利です。

雰囲気出し

このままでは面白くないので、フレーズのキーを半音分(-1)下げつつ、テープシミュ系のプラグインを使ってみます。
今回はSlate DigitalのVTMとWavesのVinylを使いました。

雰囲気出し

ドラムを入れる

続いて、ドラムを入れてみましょう。キックとスネアを入れるとこんな感じ。

ドラムを入れる

ビットクラッシャーで軽く汚す

悪くはないですが、少しクリーンすぎる気もするので、キックとスネアをバスにまとめて、ドラムとピアノにそれぞれビットクラッシャーをかけてみます。

今回はD16のDecimort2を使いました。

ビットクラッシャーで軽く汚す

これで基本のループは完成です。

後は適宜、ベースやハイハット、SEなどをいれて展開を作っていく感じです。

というわけで今回はここまで!PIANO FLAVAでした。