無料のプラグインでM/S処理をはじめよう!(MS EQ COMP)

無料のプラグインでM/S処理をはじめよう!(MS EQ COMP)

こんにちは!!トラックメイカーのPIANO FLAVAです。

暑い日が続きますが、みなさんどうでしょうか!?

というわけで今回は、株式会社インターネットが先日無料配布を開始したエフェクトプラグイン「MS EQ COMP」の紹介&実際に使ってみたいと思います。

それではどうぞ!

MS EQ COMPとは?

2018年6月に突如公開された、インターネット社のプラグインです。

Mid成分(=センター)とSide成分にわけてエフェクト処理ができるのが特徴ですね。

インストール、アクティベーションについてはこちらの記事がわかりやすいです。

Mtk’s Blog: [オーディオ編集] 無料の MS EQ COMP で M/S 処理する方法
https://blog.fujiu.jp/2018/06/how-to-do-ms-processing-with-ms-eq-comp.html

実際に使ってみよう!!

今回は、わかりやすくマスタリング時に使ってみましょう。

音源:ZAQ / Funny Girl

このプラグインの一番簡単な使い方は、マキシマイザーの直前に挿してSideを上げる
です!!

右側がサイド成分なので、右側のフェーダーを上げます!

これだけです!!!

MS EQ COMPなし(バイパス)

MS EQ COMPあり(Sidesを+3.2dB)

いい感じですね!左右に広がりが出たのがわかると思います。

EQを使ってみる

ここからは中級編です。

マスタリングでよくあるパターンが、低域はステレオ感控えめ、高域はステレオ感強め、です。

これをEQで再現してみます。

ちなみに最終的なセッティングはこんな感じ。

まず、低域のセンター成分を持ち上げて、逆にサイド成分は下げます(=低域はステレオ感控えめ)。

そして、高域のサイド成分を持ち上げます(=高域はステレオ感強め)。

あとは中域をお好みで調整するといい感じになると思います。

再掲:MS EQ COMPあり(Sidesを+3.2dB)

MS EQ COMPあり(Sidesを+3.2dB、かつEQで調整)

パラメータは一例なので、楽曲にあわせて調整してください!

まとめ

というわけで、MS EQ COMPの使い方でした。

無料で簡単にM/S処理できるプラグインは貴重ですよね。みなさんも是非ダウンロードして使ってみてください!

それではまた~

ダウンロード先(ページ中段)
https://www.ssw.co.jp/products/ability2/index.html#mec