Arturia CMI V レビュー

Arturia CMI V レビュー

こんにちは。トラックメイカーのPIANO FLAVAです。

今回は、Arturia V Collection 6に含まれるバーチャルインストゥルメント「CMI V」を紹介します。

Arturia CMI Vとは?

1980年頃に登場したワークステーション「Fairlight CMI」実機を再現したソフトシンセ・サンプラーです。

このフェアライトCMIは日本でも海外でも非常に人気のあったため、80年代当時の楽曲でよく使われています(Arturia CMI VはFairlight CMI Series IIがベースです)

レビュー

結論から言うと、機能面では最近のシンセやサンプラーには敵いませんが、音色は唯一無二のサウンドで、それらを楽曲に取り入れたい方にオススメだと思います。

まず音源を起動すると上のような画面が表示され、コンピューターのスクリーン(または右上のSCRボタン)を押すことで、実際のエディットに入ることができます。

CMI Vには、3つの音色生成モードがあり、それぞれ「Sampling」「Time Synth」「Spectral Synth」です。

まず「Sampling」は、文字通りサンプラーとしての機能です。CMI Vをインストールすると、実機の音色を再現したサンプルが

C:\ProgramData\Arturia\CMI V\resources\Samples\ (Win7の場合)

にインストールされるので、これを使うのもよし、もちろん手持ちのwavファイル(長さ30秒まで)も使えます。

タイムストレッチ機能はなく(=ピッチを変えると長さも変わる)、一般的なサンプラーに音色をアサインして鳴らすのと比べると明らかに質感が異なります(ビット数、サンプリング周波数は変更可能です)
 

続いて「Time Synth」、これはゼロから波形を作るのではなく、サンプルを読み込んでその倍音を操作できるモードです。

そして3つ目の「Spectral Synth」、いわゆる加算合成のシンセで、ゼロから波形を作りこんでいくタイプですね。

 

もっとも使用頻度が高いのは、サンプラーとしての音作りでしょうか。

サンプラーとして音色をアサインするスロットが10個あり、例えばプリセット音色の「80s Drum Kit」では、シーケンサー機能を利用したドラムループを聞くことができます。

80s Drum Kit

いい感じの音ですね!

ちなみにエフェクトも内蔵されていて、eq、comp、phaser、chorus、delayなどをインサートすることができます。個人的にはdistortionの質感が気に入りました。

おすすめプリセット音色

プリセット音色は約600個あり、その中から私が好きなものをいくつか紹介してみます。

Xylocent

Art Of Voice

Rebound

Smooth Bells

So Bass

まとめ

というわけで、Arturia CMI Vの簡単なレビューでした。

ただのプレイバック音源ではなく、サンプラーとしての機能や、シンセシス機能があるのは魅力的ですね。

もちろん80年代の曲中で実際に使われていた音色を取り入れたい人にもオススメです。

そしてV Collection 6には21種類もの音源が含まれるので、いつかアップグレードしてみたい(DX7 Vが気になっています)!

というわけではまた!PIANO FLAVAでした。

公式サイト:
https://www.arturia.com/cmi-v/overview