ミックスの最後の一押しに! Kushのプラグイン「REDDI」がすごくいい

ミックスの最後の一押しに! Kushのプラグイン「REDDI」がすごくいい

こんにちは。トラックメイカーのPIANO FLAVAです。

今回は、Kush Audioのサチュ系プラグイン「REDDI」を紹介します。オススメですよ!

実機「REDDI」について

A-Designs Audioというメーカーのダイレクトボックス(=DI)です。

演奏で使うギターやベース、キーボードは、インピーダンスなどの関係で、直接ミキサーにつなげるとノイズが乗ってしまいますが、それを解消するのがダイレクトボックスです。

REDDIは真空管が使われていて、音質面の評価も高いみたいですね。

画像引用元:ミックスウェーブ (Mixwave)
http://www.mixwave.co.jp/dcms_plusdb/index.php/item?category=Professional+AUDIO&cell002=A-Designs+Audio&cell003=REDDI&id=12

Kush Audio「REDDI」について

これをプラグイン化したものが、今回紹介する「REDDI」ですね。

REDDI – Tube D.I. Plugin
https://www.thehouseofkush.com/plugins/reddi

第一印象は、音をリッチにしてくれるプラグイン。カチッとハマるとすごくいいサウンドになりますよ。

「LEVEL」を上げるとサチュと同時に中高域が持ち上がるので、「BASS」で低域を持ち上げてバランスをとる感じです。

いろいろ試してみましたが、真空管系のプラグインということもあり、歪みが効果的な楽器(ギターやドラム)およびシンセサイザー系の音色と特に相性がいいと感じました。

デモ

まず、先日Twitterに投稿した曲のプロジェクト(ドラムのみ)で使ってみます。

プラグインなしの状態から。

バイパス(ドラム)

この状態で、ドラムのバス(BUS)にREDDIを使うと

プラグインあり(ドラム)

いい感じですね!
ドラムにパワー感が加わったと思います。

ちなみにセッティングはこんな感じ。

続いて、シンセ音色。

バイパス(シンセ)

これにREDDIを使うと

プラグインあり(シンセ)

いいですね。セッティングはこんな感じです。

実際にはここまでローを強くする必要はないとも思いますが、効果をわかりやすくするためにBASSノブをグイッと回してみました。

まとめ

というわけで、Kush Audio「REDDI」の紹介でした。

価格は49ドルで、サブスク(月9.99ドルで全プラグインが使える)もあります。

それではまた! PIANO FLAVAでした。

関連リンク

96bit-music | 最強ベースの音作りができるプラグインKush-REDDI-Tube D.I
https://96bit-music.com/kush-reddi-tube-d-i/