Lofi Hip Hopの作りかた

Lofi Hip Hopの作りかた

こんにちは。トラックメイカーのPIANO FLAVAです。

去年の年末に依頼でLofi Hip Hop(ローファイ・ヒップホップ)を作る機会があり、少しコツをつかんだので作り方を解説してみたいと思います。

それではどうぞ!

関連記事
Lofi Hip Hopのビートメイクに最適なサンプルパック3つ

こんな曲を作ります

Lofi Hip Hopデモ

プロジェクト全体像

上から、ドラム(オレンジ)、ピアノ(赤)、FX(緑&黄緑)で色分けしています

ドラムの打ち込み

ドラムMIDIはこんな感じ。今回はTouch Loopsのワンショット素材を使いました。

音にするとこんな感じですね。4小節目はラジオぽいサウンドにしています。

ドラムデモ

キックは原音のまま、スネアとハイハットにはEQを使いました。

スネアに使ったEQ(Sly-FiのAPIぽいやつ)。ローをカットしてハイをブーストしている
ハイハットに使ったローパスフィルターの設定

これを一旦バスにまとめて、全体でサチュをかけます。

ウワネタ

ピアノの4小節ループですね。 テープシミュでワウ・フラッター効果をかけます。

ピアノデモ

これもバスにまとめて、キックをトリガーにサイドチェインコンプをかけます。キックが鳴るタイミングでピアノの音量が下がるイメージですね。

ピアノ&ドラムス(サイドチェインコンプあり)

ちなみにサイドチェインコンプなしだとこんな感じです。

ピアノ&ドラムス(サイドチェインコンプなし)

少し印象が違いますね!今回はアリでいきます。

環境音(SE)

街の音と、レコードのノイズ音です。

環境音

そのままだと曲がベタッとしてしまうので、これもまとめてサイドチェインコンプをかけてうねりを出します。

ひとまずこれでループの完成です!

その後は声ネタやウインドチャイムなど入れてみます。途中でピアノを一拍抜いてみるなど、少し変化をつけると面白いです。

というわけでLofi Hip Hopのトラックができました!!

完成形(再掲)

まとめ

というわけでLofi Hip Hopの作り方でした!

今回ピアノは綺麗な感じでやってみましたが、もっとけだるい雰囲気でもいいかもしれませんね。

ほかにこんな作り方でやってるよ!という方がいらっしゃったらこっそりTwitterで教えてください~

それではまた!PIANO FLAVAでした。