好きなエフェクトプラグインを10個まとめてレンタルできる「PickPack」サービスがヤバい!

こんにちは。トラックメイカーのPIANO FLAVAです。

今回は、Plugin Allianceが最近はじめたサービス「PickPack」を紹介してみたいと思います。

Plugin Allianceとは?

ドイツのプラグインメーカーBrainworxが、自社のプラグインや他のメーカーのプラグインを、ひとつのサイトで買えるようにしたサイトです。

Avidのブログによると、ソフトウェアならではのM/Sプラグインを開発していたBrainworxが、SPLやelysiaなどのハードウェアをソフトウェア化することになり、各々のメーカーのサイトで販売開始したものの不便だったので、認証のやり方などを統一して誕生したのがPlugin Allianceらしいです。

もちろん、Brainworxがプラグイン化に関与していない、Lindell Audio PEX-500(ソフトウェア開発はLSR Audio)などの製品も売っています。

PickPackとは?

月額29ドルで、Plugin Allianceのほぼ全製品から10個を選んで使えるようになるサービスです。しかも29ヶ月間継続して払えば、選んだ10個のプラグインが完全に自分のものになります!

もちろん、途中で解約することも可能(ペナルティ無し!)ですが、その場合は、プラグインを永続的に使えるようになるための権利を失います。

ちなみに、29ヶ月間すべて支払った場合は、841ドル、日本円で約9万円です。

PickPack – Plugin Alliance
https://www.plugin-alliance.com/en/pick-pack.html

個人的にオススメのPAプラグイン

Vertigo VSM-3


https://www.plugin-alliance.com/en/products/vertigo_vsm-3.html

これがホントよくできてます。倍音を付加するタイプのサチュレーターなのですが、うまく通してやると打ち込みくささを解消できます。

個人的に、これまでミックス・マスタリングした曲を全部やり直したいレベルですね。

bx_console E


https://www.plugin-alliance.com/en/products/bx_console_e.html

Solid State Logicのミキシング・コンソール「SSL 4000 Eシリーズ」をモデリングしたプラグイン。

ぶっちゃけトラック単体できくと、アレ?て感じのEQ、コンプの質感なのですが、全部これでミックスするとなぜかいい感じになります。

Lindell Audio 6X-500


https://www.plugin-alliance.com/en/products/lindell_6x-500.html

この前の9ドルセールで買った方も多いと思いますが、これもすばらしい出来ですね。とくにプリアンプ部がいいです。

まとめ

すでにPAの製品をいくつか持ってる方よりも、新しく導入を考えている方にオススメのサービスだと思います。
最初の選んだ10個は、一度決めると変えられないので、くれぐれも慎重に!笑

ちなみにPickPackの認証ですが、自分の環境だといつもの感じではうまくいかなくて、サイトで10プラグイン個別にアクティベートした後、DAW側でPAプラグインを立ち上げて「Activate my all licenses」にチェックを入れて実行してやるとできました。

他にも、Vertigo VSC-2やelysia mpressorなどを導入したので、後ほどブログに書いてみたいと思います。

それではまた!

Plugin Alliance公式サイト
https://www.plugin-alliance.com/

2/10メモ (リミックスを合法的に配信できるサービス”MixBANK”について)

MixBANK

非公式のDJ MixやRemixを、Apple MusicやSpotifyで配信するための代行サービスですね。

基本的にオフィシャルではないリミックス音源などをネット上で公開することは著作権違反なのですが、このサービスを利用すると、合法的に上記の2サイトで配信することができます(ただし曲ごとに審査あり)。

自分も、ちょうど先ほど審査通ったみたいなので(この前のNasのRemix)、うまくいけば数日以内にリリースできるかなと。

公式サイト
https://www.mixbank.com/

今日のトラックメイク

依頼曲を作りつつ、50Centのリミックスも作ってました。

Omnisphere2のとにかくエモい音色10選

こんにちは。トラックメイカーのPIANO FLAVAです。

Spectrasonicsの超弩級シンセ「Omnisphere2」、ずいぶん前に買ったものの制作でほとんど使えてない!

というわけで急遽使えそうな音色を探してまとめてみました。星は特にオススメのものです。

それではどうぞ!

Astral Visions 1 (ARP+BPM)
ベルのアルペジオ系音色。サビでうっすら高域埋めるのに使えそう。

☆Glockendream (Bells&Vibes)
とても素敵なグロッケンシュピール。モジュレーションホイールを回すとさらにエモくなります

Intimate Music Box (Bells&Vibes)
オルゴール音色。

In Memorium 2 (Bells&Vibes)
レコードノイズぽい音とのレイヤーですね。これもエモいです。

Harps are Singing (Ethnic World)
エリック・パーシングさん(Spectrasonics創業者)らしい音色だと思います。

Reflective Nylon Tremolo (Guitars)
リリース音がトレモロになってます。

☆Japanese Children’s Choir (Human Voices)
個人的に大好きなクワイア音色。エリック・パーシングさんが浜松でレコーディングしたとのこと。

Progresso Swell (Pads+Strings)
シンセベースとして使うことが多いです。

Hollywood Studio String Section (Pads+Strings)
ストリングス音色。ベタ打ちでもそれなりになってくれるので重宝してます。

Memorymoog Swellee (Synth Poly)
いい感じのシンセ音色。

やはりプリセット音色7500以上は伊達ではないですね。ほかにもいろいろ面白そうな音色を見つけたので、ちょくちょく使っていこうと思います。

PIANO FLAVAでした!

公式サイト
https://www.spectrasonics.net/products/omnisphere/

代理店公式
http://www.minet.jp/brand/spectrasonics/omnisphere2/