クラブDJ御用達!Beatportの魅力

こんにちは!トラックメイカーのPIANO FLAVAです。

Beatportという、ダンスミュージック専門の音楽配信サイトがあるのですが、日本語で解説している記事をあまりみかけないのでこの機会に書いてみたいと思います。

それではどうぞ!

Beatportとは?

クラブミュージックに特化した音楽配信サイトです。サービス開始は2004年。

テクノ、ハウス、トランス、ダブステップ、ドラムンベースなどの曲が、160万曲以上リリースされています(2018年12月現在)。

サイトは一部日本語化されていますが、基本的には英語です。ヒップホップやR&Bもあるんですけど、メインはEDM系ですね。

Beatport: DJ & Dance Music, Tracks & Mixes
https://www.beatport.com/

Beatportの魅力

iTunesなどとは違って、非圧縮のwavファイルが手に入るのも嬉しいんですけど、マイナーな音楽レーベル(主に海外)が数多く参加しているので、それらの曲を聞くのが楽しいです。

基本的にダンスミュージックのレーベルって、レーベルごとのカラーがあるんですけど、例えばテクノだけでもテクノ、テックハウス、ハードテクノ、メロディックテクノみたいに細かいジャンルがあり、その中でさらに細分化されたジャンルの曲のみを各レーベルがリリースしてます。

大きなレーベルからのリリースではない曲も、結構レベル高いんですよね。購入に至らなくても、試聴だけでも楽しいです!!

ときどき配布される割引クーポンも嬉しいポイント。

チャートについて

いわゆる売り上げランキングのほかに、世界中のDJがDJチャートを公開しています。

例えば、Armin van Buurenとか!
https://www.beatport.com/artist/armin-van-buuren/2228/charts

Beatport Sounds

いわゆるサンプルパックも販売されています。全体的に値段は高めなのですが、Beatportでしか手に入らないものも売っていたり。

Beatport Sounds
http://sounds.beatport.com/

まとめ

というわけで、音楽配信サイトBeatportの簡単な解説でしたがいかがでしたでしょうか?

最近だと、Native Instrumentsなどが主導する「Stems」規格のリリースも始まりました。

また個人的にも、密かに某レーベルからテクノトラックのリリースを企んでいるので、Beatportは毎日チェックしています。

それではまた!PIANO FLAVAでした。

関連リンク

Beatportが好調らしい – TOMO HIRATA – BLOG
https://futuregroove.jp/tomohirata/beatport/

初めてのbeatport! (beatport 購入方法) | R135 TRACKS
http://r135.net/2017/10/07/howtousebeatport/