Skip to content

Omnisphere 2.5で追加された音色について

Last updated on 2019年2月12日

こんにちは。トラックメイカーのPIANO FLAVAです。

Spectrasonicsの超ド級シンセ「Omnisphere」がバージョン2.5になって約4ヶ月が経ちましたが、意外と新しい音色について言及されていないので、この機会に書いてみたいと思います。

それではどうぞ!

新しく追加された音色リスト

Omnisphereを立ち上げて、カテゴリ「 Hardware Library 」を表示するか、またはこちらのサイトで確認できます。

Omnisphere 2.5 で新しく加わった音色 – makou’s peephole
https://www.makou.com/omnisphere-2-5/

Omnisphere全体の音色はこちらのサイトで確認できます。

Omnisphere 2.5 ライブラリ | Media Integration, Inc.
https://www.minet.jp/contents/info/omnisphere-library/

音色の傾向

往年のハードシンセの音色を再現したものが多いです。

いわゆるアナログシンセらしい音色だけでなく、例えば、

ローランドのヴォコーダー「VP-330」ぽい音色

VP03 – Angelic Ambience

「Minimoog Voyager」ぽい名前のオルガンベース

VYGR – Classic House 1

最近のトラップでも使えそうな音色も入っています。

KMINI – Dueling Triangles

Omnisphereの機能についてはこちらの動画がわかりすいですね。

まとめ

Omnisphere、実は結構使いどころ難しいのですが、ベース音色だったり、あとはメインのシンセ(Serumなど)と変化をつけるときに重宝すると思います。

ちなみにバージョン2.xからのアップデート方法は

Ver. 2.4ユーザー:Omnisphereを立ち上げて「 Get Updates」ボタンを押す

それ以外: Spectrasonicsのサイトのユーザーページからインストーラーをダウンロード

となっています。

それではまた!PIANO FLAVAでした

関連リンク

Omnisphere 2.5アップデートリリース、ハードウェア・シンセ統合機能を追加! | Media Integration, Inc
https://www.minet.jp/contents/info/spectrasonics_reveals_omnisphere-2-5/

Published inDTM