無名のラッパーが有名になる方法をトラックメイカーが考えてみた

こんにちは。PIANO FLAVAです。

自分はトラックメイカーなんですが、まわりのラッパーを見ていて、私ならこうする!と思うことが結構あるので、記事にしてみました。

ラッパー視点でラッパーを見るのと、トラックメイカー視点でラッパーを見るのは結構違うだろうし、少しでも参考になれば幸いです。それではどうぞ!!

覚えやすいMCネームをつける

「低音JK」さんみたいな感じ。自分の特徴がうまく出てる、シンプルな名前がベスト。

読み方がわからないやつはNGです!

自分のポジションを把握する

スキルフルなラップなのか、リリックで泣かせるのか。

曲調も、トラップ、オールドスクール、ポエトリー系全部やるよりはひとつに絞ったほうがいいと思います。

「〇〇の人」というイメージを持ってもらう(=セルフブランディング)

ガンガン投稿する

自分の立ち位置や「売り」を自分で把握したら、ネットに曲を上げます。

はじめの10曲は週一ペースでいいのでは?

ネットラップ系なら、やっぱりニコニコ動画かな。ちょっと怖いけど、よかったらいい感じ!ってコメント付くし、悪かったら微妙って、忌憚のない感想がもらえます。

MV撮る余力があるならYouTubeのほうがいいかも。

ガンガンコラボする

ある程度知名度上がってきたら、有名なラッパーとコラボします。

マイクリレーのような形でも、普通に客演として呼ぶ・呼ばれる関係でも。

これで一気に知名度上げます。 コラボ大事。

自分がライブしている様子をSNSに上げる

意外とやってるラッパー少ないと思うのですが、ものすごく価値がありそうだなと前から思っているのがコレ。

チケットノルマが無いor安いところを探して、自分で自分をブッキングします。すでに名刺代わりになる作品は公開しているはずなので、交渉もスムーズにいくはず。

写真でも動画でもいいので、知り合いを連れていってスマホで撮ってもらいましょう。

撮ってもらった動画をTwitterのトップとかにしておけば、まだ繋がっていないトラックメイカーにも、きちんと活動しているんだなという印象を持ってもらえるはず!

バトルに出る

やっぱりこれが一番効果的だよね。

バトル上手い人限定ですが!!

まとめ

というわけで、トラックメイカーによる、ラッパーがのし上がるための方法についての記事でした。 わりと普通の内容になりましたが

地道に、でもスピード感を持って

活動するのが大事なんだと思います。

あとは、自分が活動する意義ですね。有名になって何をしたいか、ラップで何を伝えたいかが大事かなと思います。

音源作成も、個人的にはオリジナルトラックにこだわる必要なくて、フリートラックを活用するのがいいと思いますよ~

逆に、「ラッパーからみてトラックメイカーが有名になる方法」もあったらこっそり教えてください笑

それではまた!PIANO FLAVAでした。