RHYMESTER ライムスター「ONCE AGAIN」Type Beatの作り方

こんにちは。トラックメイカーのPIANO FLAVAです。

今回はライムスター「ONCE AGAIN」のような、いわゆるBACHLOGIC系のビートを作ってみたいと思います。それではどうぞ!

RHYMESTER ONCE AGAIN

今回作るビート(BPM95.5)完成形

ONCE AGAINをポップにした感じ

プロジェクト画面

上から黄色:ドラム 緑:SE 紫:ベース 赤:シンセやピアノ

ストリングス

まずは一番特徴的なストリングスから。

Kontaktのスタッカート音色を選択して8分刻みで打ち込んでいきます。

オンコードぽいボイシングで組み立てるのがコツです。

コードって何?という人は前に書いたこの記事が参考になるかも!

コード(和音)についてめっちゃわかりやすく解説します
https://piano-flava.com/2018/12/11/post-2504/

キック

続いてキックの打ち込み。Verseではベースがあまり出てこない関係上、リリースが長い音色がいいと思います。

キックにもがんがんリバーブを使うのが今風です。

スネア、ハイハット

普段はこれらもBatteryを用いて打ち込んでいきますが、今回はいい感じのオーディオループが見つかったのでそれを用いました。

元のループは4拍目に声ネタが入っていたので消しています。

Before

DopeBoyzMuzic「Smack Pack Right Hook」に収録

After

一度これらをあわせて聞いてみましょう!

基本ループ

いいですね!続いてシンセ系の音色を7~8小節目に入れてヴァースの完成です。

ヴァース部分!!

続いてフック部分を作っていきます。

クラップ

フックでよくあるのが、スネアにクラップを重ねるテクニックですね。今回はリバーブたっぷりの音色を使用します。

細かいドラムループ

さらにドラムを足してみます。スピード感を出すイメージですね。

シンセ

フックで厚みを持たせるためにシンセ系の音を足します。三和音で弾くとちょっと重たいので、コード構成音のうち二つだけ使用しています。

ピアノ

最後にピアノをアルペジオで弾いてフックの完成です!

ピンポンディレイで広がりを出す

あとは効果音(=SE)などを足して曲の完成です!!

完成形(再掲)

というわけでここまで! 次はもっとシンプルなビートの作り方を解説してみようかな。

全部弾きや全部サンプルを使うのではなく、両者バランスよく使って曲にしていくのがビートメイクのコツです。

それではまた!PIANO FLAVAでした。

YouTubeにフリートラックを投稿する場合、動画タイトルのベストは?

こんにちは。トラックメイカーのPIANO FLAVAです。

今月からYouTubeテコ入れしようと考えていて、試しに動画タイトルをいろいろ変えて再生数や再生時間の変化を分析しました。

ほかのトラックメイカーの再生数含めいろいろ研究した結果、見てもらえやすい動画タイトルの法則を見つけたので紹介してみます。

入れるべきキーワード

・フリートラック
・トラック提供
・ビート

この3つです。【フリートラック/トラック提供】のような形でタイトルに入れるのがベストです。

なるべく入れたいキーワード

・ラップ
・ヒップホップ
・トラックの雰囲気について(チル、和風、トラップなど)

この3つです。トラックの雰囲気については【チル/和風/トラップ】のようにするのがよさそうです。ヒップホップやラップは英語表記がいいと思います。

入れる必要のないキーワード

・インスト
・Instrumental

海外では「hip hop instrumental」のように検索する人も多いのですが、日本では「トラック」か「ビート」で検索する人がほとんどだと思います。

まとめ

まとめると、ベストのタイトル表記はこのようになります。

【フリートラック/トラック提供】Hip-Hop Rap Beat “曲名”【 チル/和風/トラップ】

BPMも入れたほうがいいかどうかは研究中です。

というわけでここまで!PIANO FLAVAでした。