ドラムの打ち込みが難しかったらドラムループをそのまま使ってもいいと思う

こんにちは。Hip HopトラックメイカーのPIANO FLAVAです。

今回は、ヒップホップのトラック制作において、ドラムループをそのまま使うことについて書いてみたいと思います。

それではどうぞ!

歴史的経緯:ヒップホップのトラック=レコードの間奏部分

ヒップホップという音楽、カルチャーにおいて「サンプリング」という手法が重要なのはみなさんご存じですよね。

歴史的にみると、ヒップホップのビートというのは、ソウルやファンクのレコードからドラムだけになる間奏部分(=ブレイクビーツ)を探して、それを2枚のターンテーブルで交互に再生してつなげていくものでした。

今でこそヒップホップのビートを作るときに、ドラムはパッドで叩く人も多いと思うのですが、もともとはドラムループをそのまま使っていたわけですね。

トラップとBoom Bap

というわけで、ヒップホップのビートメイクにおいて、ドラムループをそのまま使う手法はめちゃめちゃ相性がいいです。

例えばBPM=85のこんなウワネタがあったとします。

ウワネタ

これに対し、ブーンバップのドラムループを当てはめてみると…

ウワネタ+ドラムループ(Boom Bap)

ちょっとウワネタのピッチが高い気もしますが、なかなかいい感じだと思います。

逆に、先ほどのウワネタにトラップのドラムループを当てはめると…

ウワネタ+ドラムループ(Trap)

これもいい感じですね!

というわけで、ひとつのウワネタから、何パターンか相性のいいドラムループが見つかると思います。

そしてワンループができたら、ドラムの抜き差しやフィルター(ハイパス、ローパス)で展開を作っていくわけですね。

アイデア出しに使う

上記のようにループをそのまま使ってもいいですし、自分でドラムを打ち込む場合でも、サンプルブラウザでループを次々に再生して、ウワネタに合うドラムループを見つけたら、似たような音色のドラムで自分で打ち込んでも面白いと思います。

つまりループを、アイデア出しと割り切って使う方法ですね。

まとめ

というわけで、ドラムループをそのまま使う手法について書いてみました。

もちろん今回のようにそのまま使うだけでなく、ドラムループをチョップして、キック、スネア、ハットに分解してサンプラーで自分で叩くのもいいと思いますよ!

それではまた!PIANO FLAVAでした。