キックをワイドに広げるTips

こんにちは。トラックメイカーのPIANO FLAVAです。

皆さんトラックメイク捗ってますか!?

さて、今回はキックをワイドにする方法についてです。

キックやベースはナローにする人とワイドにする人で分かれる印象ですが(マスタリング的には位相の関係で低域を狭く、広域を広くするのが一般的)、個人的にはどんどん広げちゃう派です。

それではどうぞ!

※スマホのブラウザだと音質が劣化する(気がする)ので、できればパソコンで聞いてくださいね!

Before

ドラム全体(Dry)
Kickのみ(Dry)

方法その1:コーラスエフェクトを使う

個人的に一番オススメの方法。

例えばD16 Syntorusを以下の画像のような設定で使うと…

ドラム全体(KickにChorusあり)
Kickのみ(Chorusあり)

このように、音の密度を保ったまま左右に広げることができます。

今回は Syntorusを使いましたが、もちろんDAW付属のコーラスでもできますよ!(ニュアンスはプラグインで異なるかも)

方法その2:ステレオイメージャーを使う

わかりやすく広げるならこれですね。

例えばフリープラグインのOzone Imagerを使うと…

ドラム全体(KickにImagerあり)
Kickのみ(Imagerあり)

このように派手にキックを広げることができます。

Stereonizeは値を3、6、12のどれかに設定するのがオススメです。Widthはお好みで!

Before再掲

ドラム全体(Dry)
Kickのみ(Dry)

方法その3:リバーブを使う

リバーブは主に残響を付加するエフェクトですが、左右に広がりを出したいときにも使えます。

例えばValhalla VintageVerbを使うと…

ドラム全体(KickにReverbあり)
Kickのみ(Reverbあり)

インサートで使ってみましたが、左右に広がりが出ているのがわかると思います。

ただしセンター音に使うリバーブなのでサイド成分は薄め。

方法その4:ショートディレイを使う

どちらかというとリバーブよりもディレイの方が音を左右に広げたいときに有効です。

例えばD16のRepeaterを使うと…

ドラム全体(KickにDelayあり)
キックのみ(Delayあり)

これもインサートで。高域成分が左右に足されているのがわかると思います。

いまはディレイタイム11.0msですが、お好みで調節してください!

まとめ

さてキックをワイドに広げるTips、いかがだったでしょうか?

今回はすべてひとつずつのエフェクトを使いましたが、これらを組み合わせたり、またサチュレーション系のエフェクトも入れるとより効果的ですよ!

それではまた。PIANO FLAVAでした。