ピアノヒップホップ代表アーティスト

個人的メモ、敬称略

1. キレイめインストヒップホップ

IN YA MELLOW TONEに代表されるような、ヒップホップが苦手な人でも聞けるイメージ。

Robert de Boron、Re:plus

2. Nujabes直系

Uyamaさんすごく好きなので2曲紹介…

Uyama Hiroto

3. Nujabes直系~キレイめインストヒップホップ

Nujabesの影響も感じさせつつも、今風な、聞きやすさもある。

DJ Okawari、Kondor

4. ジャジーヒップホップ、本格派

ジャズの要素が強く、ヒップホップの枠に囚われないトラックメイカー。origami PRODUCTIONS

Kan Sano、mabanua

5. ジャジーヒップホップ、ライト

Jazzyだが難解では無い。

Blazo

5. オシャレ系

ファッションショーやテレビCMなど、まさにオシャレ系。

Kenichiro Nishihara

6. Boom Bap寄り

90’s Hip-Hopの影響も感じさせられる。

Michita

7. ポエトリーリーディング

いわゆるポエトリーラップのアーティストと関わりが深い。

観音クリエイション

他にもオススメアーティストがいれば教えてください。

2001年リリースのゴスペラーズ「Get me on」はトラックが最高

The Gospellers

こんにちは。トラックメイカーのPIANO FLAVAです。

小学生の頃よく聞いていた曲は、いま聞いても、やはりテンション上がりますね。

ゴスペラーズ「Get me on」

キャリアの長いボーカルグループ「The Gospellers」のアルバム「G10」および「FRENZY」に収録されています。

個人的に、ゴスペラーズは「ひとり」「永遠に」「星屑の街」のような、甘いボーカルの曲が人気あるように感じていますが、がっつりR&Bの曲もとても素敵です。

編曲はK-Mutoさんという方で、2000年当時流行していた、ハード音源ぽい質感のトラックがたまらないですね。ドラムのグルーブもいいですし、2:30~のストリングスも最高です。

また、ハープ(琴?)ぽいグリッサンドが非常に効果的です(0:02、0:20など)

この曲のリードボーカル酒井雄二さんを含め、ゴスペラーズの魅力がとても出ている曲だと思います!!

ちなみにアルバムの次の曲は、客演がライムスターさんだったりします(笑)

同じゴスペラーズだと

も好きですね。

それはまた!PIANO FLAVAでした。

自分のアーティストプロフィールや楽曲紹介を英語に翻訳したい人は「gengo」がおすすめ!

gengo logo

こんにちは。トラックメイカーのPIANO FLAVAです。

少し前に、自分とラッパーのプロフィールを日本語から英語に翻訳する必要があったのですが、オンライン翻訳サービスの「gengo」を利用してみたらすごくよかったので紹介してみます。

それではどうぞ!

「gengo」とは?

オンラインでテキストを翻訳(例えば日→英)してくれるサービスです。

翻訳は、実際にgengoに登録しているプロの翻訳者が行います。

料金はスタンダードプランで1文字5円、翻訳者2名(翻訳する人と校正チェックする人)の場合9円です。また、プレミアムプラン(特定分野のスペシャリストにお願いする場合)も1文字9円です。

Gengo | オンラインで24時間発注できる翻訳サービス
https://gengo.com/ja/

実際に利用した感想

使ってみた感想です!

基本的に誰に翻訳をお願いするかは指定できないのですが、(お気に入りの翻訳者に優先的に翻訳してもらうことは可能)、私の文章を担当してくれた方が素晴らしかったのか、とても感動しました。

せっかくなので、お願いした文章を公開します。

翻訳前

・楽曲説明

日本のネットラップシーン(SoundCloudなど)で有名なラッパー/シンガーのSVと、トラックメイカーPFの再タッグ作。

HOOKが印象的な、切ない楽曲に仕上がっている。
アートワークはイラストレーターのSが担当。


・アーティストプロフィール

SV
トラックメイク、ラップ両方を高いレベルで自己表現できるアーティスト。エモーショナルでノスタルジックな楽曲に定評がある。

1stアルバム「Rafflesia」レビュー


PF
大阪在住。2013年より本格的に楽曲制作を開始。
これまでアイドルグループなどにも曲を提供してきたが、2016年よりヒップホップ、R&Bに一本化。

ピアノ/シンセ音色を生かした優しい曲調が持ち味。

前述のRafflesiaには3曲提供している。

翻訳後


・Track information

A new collaboration between rapper/singer SV, who is famous in Japan’s online rap scene (SoundCloud, etc.), and beat maker PF.

It’s a heartrending piece with a striking hook. The illustrator S provided the artwork.

・Artist profiles

SV

An artist who is highly skilled at expressing himself through both beat making and rapping. He has developed a reputation for emotional and nostalgic songs.

(Review of his first album, “Rafflesia”)

PF

This Osakan artist began making music in earnest in 2013. He has produced music in a variety of styles, including songs for idol groups, but has devoted himself to hip hop and R&B since 2016.

His compositions are distinguished by their gentle melodies which emphasize the qualities of the piano and synthesizer.

He contributed three songs to the above-mentioned Rafflesia album.

かかった費用は2385円(265文字、プレミアムプラン)、かかった時間は1時間19分でした。

1時間19分でこのレベルの翻訳!素晴らしい!(まず冒頭の楽曲説明をTrack informationと訳すところから普通にすごい)

ちなみに翻訳をお願いする際に会員登録などは特に必要なくて、メールアドレスに「翻訳完了したから一度見てくれ!」みたいなメールが届きました。その後自分でパスワードとか設定する感じです。

まとめ

今回は日→英をお願いしましたが、英語以外にも韓国語や中国語、フランス語などにも翻訳できるみたいなので、便利ですよね。

ちなみに、翻訳された文章に不満なら、修正をお願いすることもできるみたいです。

今回は初めてということもありプレミアムプランを使ってみましたが、専門知識がいらない文章ではスタンダードプランで十分かもしれません。これからガンガン使おうと思います!!

それではまた!PIANO FLAVAでした。

YouTubeにフリートラックを投稿する場合、動画タイトルのベストは?

こんにちは。トラックメイカーのPIANO FLAVAです。

今月からYouTubeテコ入れしようと考えていて、試しに動画タイトルをいろいろ変えて再生数や再生時間の変化を分析しました。

ほかのトラックメイカーの再生数含めいろいろ研究した結果、見てもらえやすい動画タイトルの法則を見つけたので紹介してみます。

入れるべきキーワード

・フリートラック
・トラック提供
・ビート

この3つです。【フリートラック/トラック提供】のような形でタイトルに入れるのがベストです。

なるべく入れたいキーワード

・ラップ
・ヒップホップ
・トラックの雰囲気について(チル、和風、トラップなど)

この3つです。トラックの雰囲気については【チル/和風/トラップ】のようにするのがよさそうです。ヒップホップやラップは英語表記がいいと思います。

入れる必要のないキーワード

・インスト
・Instrumental

海外では「hip hop instrumental」のように検索する人も多いのですが、日本では「トラック」か「ビート」で検索する人がほとんどだと思います。

まとめ

まとめると、ベストのタイトル表記はこのようになります。

【フリートラック/トラック提供】Hip-Hop Rap Beat “曲名”【 チル/和風/トラップ】

BPMも入れたほうがいいかどうかは研究中です。

というわけでここまで!PIANO FLAVAでした。

最近いただいた質問(トラックメイク、クリエイター論)をまとめてみた

こんにちは!トラックメイカーのPIANO FLAVAです。

ありがたいことに、マシュマロで質問をしてくださる方が多くいらっしゃって、気になる質問をいくつかピックアップしてみました。

トラックメイクについて

Q. トラックはどのくらいの時間をかけて作るのですか?(2月1日にいただいた質問)

A. 最近はプリマスタリングまで入れて長くて8時間までにしています。

あまり時間かけすぎると、初期衝動だったりバイブスが薄くなってしまう気がして…

もちろん一人の方が何度も聞いてくれることは忘れず…

Q. ミキシング・マスタリングについては独学ですか?どのように勉強されたか伺いたいです。もし独学であれば、参考にされた書籍等を教えてください。 (2月1日)

A. ほぼ独学ですが、一時期@SpaceB_Studioさんにお世話になっていました。

勉強は、主にMedia IntegrationさんのTIPS記事→サンレコ→pureMixです。

書籍はこちらの本が参考になりました。やや中級者以上向きですが、とてもいい書籍だと思います。

エレクトロニック・ミュージシャンが知っておくべき ミックス&サウンドメイクの手法
https://www.shinko-music.co.jp/item/pid0644360/

Q. もともとは歌もの作曲などもされていたようですが、HIP HOPのトラックを作り始めた理由や経緯を教えてください!また、歌ものやインストと比べて、HIP HOPトラック制作の好きな所はどんなところですか?(2月5日)

A. ラッパーは多いのにトラックメイカーは少ないからチャンスじゃない?と思ったのと、初めてニコニコにトラックを上げたらそこそこ反響があって、自分に向いている気がしたからです。

制作の好きなところは 本当にいろいろありますが、Prod.表記などラッパーからリスペクトもらえるところが好きです。

制作そのものだと、ドラムやベースがデカいサウンドがとても新鮮で今でも面白いと思うのと、ヒップホップの雑食性だったり、ジャンルのマナーを守りつつ新しい要素・サウンドを取り入れる発想が好きです!

Q. トラック作り出して二ヶ月で、ビート提供させてもらうことになったんですけど、初めてのことでわからないこといっぱいなんですけど、初めてビート提供する時のポイントみたいなのがあれば教えていただきたいです!(2月8日)

A. おめでとうございます!

・有償か無償か
・納期
・クレジット表記
・配信する?YouTubeのみ?
・前払い・後払い

などをはじめに聞いておくといいかもです!
お互い頑張りましょう~

クリエイターとして

Q. 音楽を作る理由は何ですか?(2月11日)

A. 例えば複雑な家庭を持っていたり、仕事や学校がしんどい人に、一瞬でも自分の音楽で辛さを和らげられたらなと思って曲を作っています。

そのために、もっと自分自身売れたいです。

Q. トラックメイキング一度諦めてもう一度トライするつもりなのですが、モチベーション保つ秘訣は無いでしょうか? (2月11日)

A. 少し抽象的ですが「頑張りすぎないこと」「いい感じの人間関係」「アウトプットのハードルを下げる」でしょうか…

自分にプレッシャーを全くかけないのもアレですが、めちゃくちゃ自分を追い込んで しまうと、瞬間的なパフォーマンスは上がりますが、一度つまづいたときにリカバリーが難しい気がしています。長い目で成長できたらいいのかなと。

人間関係は、音楽仲間だったり、ライバルだったり。特にまわりからネガティブな人を遠ざけるのが大事ですね。


アウトプットについては、自分では100%の出来ではない曲でも投稿してみると結構反応がよかったりします。するとまた頑張れるというか。 作りかけの曲をTwitterに上げる、などもいいかもしれませんね!

その他

Q. 全然関係ないんですが好きな女性のタイプは?(2月5日)

A. 一緒にいてドキドキする人!

会話も弾んで、一見明るいんだけど、ときどき陰りが見える人が好きです。

Instagramで海外のトラックメイカーの投稿を見るのが楽しい!

こんにちは。トラックメイカーのPIANO FLAVAです。

昨日からインスタグラム始めたのですけれど、海外のプロデューサーのビートメイク動画を見るのがとても楽しいです。

というわけで、いい感じのInstagramアカウントを紹介します。(TKSさん@T_K_S_INFOとbutterflyさん @butterflybeat2にも教えていただきました!ありがとうございます)

Yung Gami (@origamibeats)

https://www.instagram.com/origamibeats/

いい感じに鍵盤を弾いている動画を上げています。エモいビートが得意な印象ですね。

EdTalenti (@edtalenti)

https://www.instagram.com/edtalenti/

屋外でのトラックメイク動画は見ていて楽しいですよね。結構ハードな曲調です。

Jordan Reddington (@lakeyinspired)

https://www.instagram.com/lakeyinspired/

有名なアカウントっぽい。演奏も素晴らしいですが、各投稿のキャプションで視聴者にどう思う?って投げかける姿勢がいいですね。

The Phronetic (@thephronetic)

https://www.instagram.com/thephronetic/

これも見ていて楽しいアカウント。普通にハイレベルだと思います。

Raspo (@raspobeats)

https://www.instagram.com/raspobeats/

サムネイルが統一されていてオシャレですね!

というわけで、Instagramで活動しているオススメのビートメイカーを紹介しました。

よかったら私のアカウントもフォローしてください笑

それではまた!PIANO FLAVAでした。

あけましておめでとうございます!

あけましておめでとうございます。トラックメイカーのPIANO FLAVAです。

昨年はお世話になりました。

おかげさまでブログ経由で私のことを知ってくださった方も多く、とても嬉しいです。

またトラックメイカーとしても、昨年末からいい感じにトラックが売れていて、いまも新しいビートできたら送って!と言ってもらっている人が何人もいます。

しいたけ占いによると、2019年は「特に仕事面で結果が出る」とのことなので、より一層精進します。

それでは今年もどうぞよろしくお願いします。

2019.1.2
PIANO FLAVA

クラブDJ御用達!Beatportの魅力

こんにちは!トラックメイカーのPIANO FLAVAです。

Beatportという、ダンスミュージック専門の音楽配信サイトがあるのですが、日本語で解説している記事をあまりみかけないのでこの機会に書いてみたいと思います。

それではどうぞ!

Beatportとは?

クラブミュージックに特化した音楽配信サイトです。サービス開始は2004年。

テクノ、ハウス、トランス、ダブステップ、ドラムンベースなどの曲が、160万曲以上リリースされています(2018年12月現在)。

サイトは一部日本語化されていますが、基本的には英語です。ヒップホップやR&Bもあるんですけど、メインはEDM系ですね。

Beatport: DJ & Dance Music, Tracks & Mixes
https://www.beatport.com/

Beatportの魅力

iTunesなどとは違って、非圧縮のwavファイルが手に入るのも嬉しいんですけど、マイナーな音楽レーベル(主に海外)が数多く参加しているので、それらの曲を聞くのが楽しいです。

基本的にダンスミュージックのレーベルって、レーベルごとのカラーがあるんですけど、例えばテクノだけでもテクノ、テックハウス、ハードテクノ、メロディックテクノみたいに細かいジャンルがあり、その中でさらに細分化されたジャンルの曲のみを各レーベルがリリースしてます。

大きなレーベルからのリリースではない曲も、結構レベル高いんですよね。購入に至らなくても、試聴だけでも楽しいです!!

ときどき配布される割引クーポンも嬉しいポイント。

チャートについて

いわゆる売り上げランキングのほかに、世界中のDJがDJチャートを公開しています。

例えば、Armin van Buurenとか!
https://www.beatport.com/artist/armin-van-buuren/2228/charts

Beatport Sounds

いわゆるサンプルパックも販売されています。全体的に値段は高めなのですが、Beatportでしか手に入らないものも売っていたり。

Beatport Sounds
http://sounds.beatport.com/

まとめ

というわけで、音楽配信サイトBeatportの簡単な解説でしたがいかがでしたでしょうか?

最近だと、Native Instrumentsなどが主導する「Stems」規格のリリースも始まりました。

また個人的にも、密かに某レーベルからテクノトラックのリリースを企んでいるので、Beatportは毎日チェックしています。

それではまた!PIANO FLAVAでした。

関連リンク

Beatportが好調らしい – TOMO HIRATA – BLOG
https://futuregroove.jp/tomohirata/beatport/

初めてのbeatport! (beatport 購入方法) | R135 TRACKS
http://r135.net/2017/10/07/howtousebeatport/

「みんなのツイッター分析」を私もやってみた!

こんにちは。トラックメイカーのPIANO FLAVAです。

突然ですが、音楽家のカンナミユートさんのブログで紹介されていた「みんなのツイッター分析」を私もやってみました!

「みんなのツイッター分析」とは?

わかるくん(中の人:@kei31さん)によるツイート分析サービスです。

影響力がわかるサービスは他にもありますが、アドバイスをもらえるのは嬉しいですね!

フォームに入力したら、少し時間をおいて分析結果をリプしてもらえるとのことです!

やってみた結果!!

こんな感じ。「ゴールドツイッタラー」の称号をもらえました。ランク的には下の上ですね。

図を見てもわかるように、プロフィールを見てもらえる割合は高いのですが、そこからフォローにつながっていない!

というわけで、アイコンとプロフィール文をごっそり変えました。

変更前

変更後

いま思うと、前のプロフィールは堅かった!

あとは毎月のツイート自体を増やしたいですね。

まとめ

というわけで、「みんなのツイッター分析」の紹介でした。

分析内容に基づいてアドバイスをもらえるのは嬉しいですね。来年また挑戦してみようと思います。

それではまた!PIANO FLAVAでした。

わかるくん@みんなのツイッター分析(@minnawakaru)さん | Twitter
https://twitter.com/minnawakaru

2018年11月のまとめ 音楽収入8万8千円 ブラックフライデーで買った機材とか

こんにちは。トラックメイカーのPIANO FLAVAです。

月のまとめ記事を今月から再開します!それではどうぞ~

11月度収益

トラック制作(作曲):6曲
=79000円

声のミックス:1曲
=2000円

その他(オーディオストックなど)
=7425円

合計88425円

まずトラック提供から。

普段からTwitterを見てくれてる方はご存知だと思うのですが、今月は提供可能なトラックをこまめにTwitterに上げてました。それを見て、買いたいって言ってくれた人が何人かいて、提供させてもらいました。

それプラス、普段のオーダーメイドの依頼ですね。素敵なラッパーに提供できたので完成が楽しみです。

声のミックス&マスタリングは、思ったより声がかからず。個人的にも楽しい作業なので、もっともっと担当したいですね。

その他は、オーディオストックが約6000円、iTunesなどの売り上げ(=Tunecore、先月分)が約1400円でした。

オーディオストックは、もはやかなりのレッドオーシャンな気がしますね。購入する人(=需要側)自体は増えてるとは思うのですが、それよりも作曲者の数(=供給側)が多くなった印象…

最近買った機材など

IK Multimedia – MODO BASS

サンプリング音源ではなく、物理モデリングのエレキベース音源。

知り合いの作家さんが、発売当初からオススメされていてようやく購入。音がいいです。

ヒップホップに合いそうだなという感触です(逆にロックやメタルには不向きかも)。

XLN Audio – Addictive Drums 2


これメインで作るというよりは、ドラムのフィルインを手軽に打ち込みたかったので購入。

まだあまり触れてないので、これから実戦で使うのが楽しみです。

DopeSONIX – Beat Machine 1 & 2

これもドラム音源。オールドスクール系で使える音がたくさん入っています。

Tokyo Dawn Records – TDR Limiter 6 GE


フリープラグイン時代のLimiter №6(vladg/sound)からよく使ってて、結局ここに戻ってきました。

ヒップホップの制作とは相性が良く、またOzoneなど他社のマキシマイザーは音がクリーンすぎると考えてる方にもオススメです。

割田康彦 著 – 一発で記憶に残る曲を作る! 「9つのルール」


最近出た作曲本。

主にメロディーの作りかたについての話なんですけど、「いいメロディー」と「悪いメロディー」の具体例がたくさん載っていて、文章の語り口も面白かったです。

https://www.amazon.co.jp/dp/4636958381

ツイートまとめ

11月頭に考えてたこと×2

ちはんこさん(@u_m_yameruze)にトラックを提供しました。

今回の曲は、声のミックスなどをMuto=XANADUさん(@muto_xan)が担当してくれました。

次の曲も作っているのでお楽しみに!

ㄘ☾լਕƕ – ✨Twinkle🌠

フリートラック上げてます。

Fluxさん(@CialVega)にトラックを提供しました。ミックス&マスタリングも担当しています。

Saint Vega – HIKARI愛-me
https://soundcloud.com/kiqartcdetee/hikari-me-prodpiano-flava

公開した記事

今月は5本!PVは8000ちょっとでした。

ミックスの最後の一押しに! Kushのプラグイン「REDDI」がすごくいい

Hip Hopトラックメイカーの私が2018年によく使った音源・エフェクトプラグイン

エスニック(民族的)なサンプルライブラリのおすすめメーカー3つ

DTMプラグインが安く買えるおすすめの海外サイト7選

Dr. Dre Type Beat (G-funk系トラック)の作り方

Google AdSenseはじめました

ちょうど一週間前からはじめてます!とりあえずサーバー代は稼ぎたい。

まとめ

というわけで11月のまとめでした。

くりたれんさん(@ongakucas)のEPのミックスも担当しました(M1,2)(iTunes)

最後に、先週アメ村であったMEMORIAというイベント(主催:Romonosov?さん)がとても楽しかったです。

アサキさんのファンになりました。応援してます(いつかはトラック提供したい)。

PIANO FLAVAでした!